青葉区の新築一戸建て購入を検討中。敷面80坪の相場は?

仙台市青葉区は買物施設や公共施設・教育環境の充実で流入世帯が増え、土地の価格が緩やかに上昇しているという流れにあります。

敷面80坪は希少となりました。

■新築物件の購入は今や30坪・50坪~60坪が妥協点。

仙台市の中でも青葉区は人気のあるエリアなので、建売新築一戸建ての土地面積は年々小さくなり、いまでは東京並の30坪・100㎡未満という物件も珍しくありません。

面開発といった大規模な造成地ではその傾向が強く、40坪~50坪平均となりました。

敷地面積80坪の新築一戸建てを探すには、最寄り駅からの2次交通・バス便利用が前提という流れにあります。

■“バス便ナシの敷面80坪”は青葉区でもむずかしい。

たとえば仙台市青葉区のJR仙山線「陸前落合」を最寄り駅とする物件は、そこからバスで15分、下車してからも5分以上歩くという物件。

土地面積は約235㎡、坪面積換算でも71坪ということになります。

ちなみに間取りは4LDK・4LDK+S(納戸)の2階建てで、2100万円台の販売価格がついています。

バス便利用ナシで駅徒歩物件を探すのであれば、駅徒歩18分以上となります。

人気エリアの青葉区で新築一戸建てをさがすならこちらのサイトもおすすめです。

■仙台市青葉区の新築一戸建てで“敷面80坪の駅徒歩物件”はむずかしいですが、バス便利用の前提ならあります。

通常であれば80坪の土地を更地にして、2件の物件を建てて販売するのがデベロッパーの常ですが、何らかの事情で敷面80坪の土地をそのままに新築一戸建てとするケースもあります。

80坪を“購入の譲れない条件”とするならバス便は妥協しましょう。