自賠責保険に入っていなくて罰せられるのは大体、「1年以下の懲役または50万円以下の罰金」だといわれています。

皆さんはバイクを購入したことがありますか?購入して何年も乗り回すと、バイクもくたびれてきます。

しまいには動かなくなるなど、もう捨てるしかない状況になる人も少なくないでしょう。

そんな時はバイクを廃車する必要があります。

本日はその廃車手続きについてご紹介させていただきます。

バイクの廃車は車の廃車と比べると多少簡単です。

車の廃車との共通点と言えば一時的な抹消と永久的な抹消があることぐらいでしょうか。

まず知っておいていただきたいのはバイクの場合、排気量によって廃車手続きが若干変わってくることです。

今回は小型バイク以上のバイクの廃棄方法についてご説明いたします。

そしてもう一つ注意していただきたいのは、バイクの所有者がご自身であること。

バイクをローンなどで購入した場合、所有権がローン会社や購入店になってる場合があります。

まずは抹消登録申請書を陸運局で取得し、記入しましょう。

次に手数料納付書も取得。

350円分の手数料印紙の貼り付けをお忘れなく。

次にナンバープレートについてですが、こちらがなんらかの理由で返納できない場合は理由書を書きます。

次に車検証と軽自動車税申告書を容易します。

ここで、代理人が廃車手続きを行う場合は、委任状をご用意ください。

最後に、陸運局に必要な書類とナンバープレートを管轄の陸運局に持って行き廃車手続きは終了となります。

廃車手続きが完了したら、自賠責保険の返還請求を行いましょう。

これが返還が完了しだい、本当の終了となります。

@バイク買取がよくわかる

Welcome , today is 金曜日, 2019年3月22日