青葉区の中古と新築一戸建て。購入を決断するときのポイントは?

人気のある仙台市青葉区では、駅徒歩で格安、新築一戸建てという条件の揃った物件が希少になってきました。

夫婦や世帯の平均年齢を計算して今後を決めましょう。

■駅から近い生活施設の充実した立地が今後を支える。

青葉区の中古住宅は、たとえば60坪・70坪の築30年の物件で、1800万円~2000万円前半で出ています。

新築一戸建ての購入を同じ条件で探すと最寄り駅からバス便の利用で2000万円台後半の値になります。

バス便を使う代わりに新築一戸建てでいいと決断するか、バス便ナシの中古住宅に住むかの二択です。

5年程度の近い将来的に家族の巣立ちがあって夫婦2人の住戸になるなら、駅から近い、生活施設の充実した環境を選ぶべきです。

ただし中古の場合は住居後の補修について心配が残ります。

■将来の減築までを視野に中古の物件を選んでおく。

新築一戸建ての広い家を購入しても、将来的には夫婦2人の生活になって、やむなく減築を迫られるケースもあります。

広すぎて掃除や補修が行き届かない、それなら減築して平屋にしてしまおうとする流れが最近の青葉区でもよく耳にします。

減築を想定して中古を選ぶなら、ある意味でその選択は賢明な策です。

■中古で築5年レベルの物件は皆無。補修の心配は残るものの、将来の生活設計に照らして築15年程度の物件を選ぶならプラスです。

中古住宅は新築一戸建てを購入するのにくらべて住宅ローンの負担が少ない、買い換えなら負担ナシで購入できる可能性もあるなど、経済的な面でのメリットが大です。

年齢的なものを考慮して、負担の少ない物件を選ぶことは何より大事なことかも知れません。